老舗の呉服屋

kimono_main

老舗の呉服屋

着物買り時の鑑定でみられるポイントって?:老舗の呉服屋でしたてたものかどうか

現代の日本においては、着物を着て街を歩いている人を見かけることが、ほとんどなくなりました。しかし、昔は頻繁に着ていたため、自宅に着物を保管してあるという人は珍しくありません。たいていの人は、何か特別な式典が開かれる場合などに、着物を取り出して着るようにしています。ただ、着用しない期間が長くなってくると、次第に着物の生地が傷んできます。傷んでいることが明らかに分かってしまう着物は、もう着ることができなくなります。着用しないことが確実な着物は、思いきって処分してしまうことも重要なことです。近年は、さまざまな業者が着物買取を手がけています。着物買取のサービスを利用して処分するようにすれば、着物を廃棄したりする手間が省けます。

着物買取の業者は多数あるため、利用しやすい業者を探すことが大切です。着物買取の手続きを進める中で、業者と交渉する場面があります。業者と自分との相性も大きく関係してくるので、複数の業者を比較してから決めるべきです。そして、業者と交渉するために、しっかりと着物に関する知識を身につける努力を怠ってはいけません。

着物買取では、着物の鑑定が行われます。保管状態が良好であるか、どのような生地なのか、など複数のチェック項目があります。基準は業者によって異なりますが、買取金額を決めるための重要な工程なので、鑑定を行わない業者はありません。

また、着物の保管状態などが良好だからといって、必ずしも高い金額が付けられるとは限りません。どのような場所で作られた着物なのか、という点も評価の対象となるのです。呉服屋で仕立てられているのが一般的ですが、どの呉服屋でも同じ技術を持っているわけではありません。老舗の呉服屋で仕立てた着物と、比較的新しい呉服屋で仕立てた着物とでは、着物買取の際には金額に差が生じてくるのです。業者からは、老舗だったのかどうかを必ず確認されます。老舗で仕立てた着物で、保管状態が良ければ、高い金額になりやすいです。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る