伝統工芸の袖かどうか

kimono_main

伝統工芸の袖かどうか

着物買り時の鑑定でみられるポイントって?:伝統工芸の袖かどうか

着物買取りに置いて買取られていく着物は、ほとんどが正絹でできた訪問着です。
現在の着物は、ほとんどが晴れの舞台に着ることを目的として買われていくものとなっていますので、普段に着ることを目的とした紬などは、どうしても値段が付かないことが多くなってしまっています。
ですが、そういった場合であっても例外が存在しています。
着物買取りにおける紬の例外が、それが「伝統工芸の袖」であった場合です。
例えば大石紬や牛首紬といったものは非常に価値があり、それが伝統工芸によって作られたものであるとしっかり鑑定してもらうことさえ出来れば、時として一般の訪問着よりも遥かに高額な査定額が付くこともあるのです。
ですが、着物買取りにおいて伝統工芸の袖を買取ってもらうには、大きな注意点があります。
それが「伝統工芸の袖であることを証明すること」です。
一般的に着物買取りを行う査定担当者は着物に関する深い知識を持っていますので、着物を見ればある程度まではそれが何という銘柄であり、どのような生地で、どれくらいの価値があるのかという事を調べることが出来ます。
しかしながらそういった場合であっても、しっかりとした証明があればより高額の査定をしてもらうことができるようになります。
それに必要なのが「証紙」と呼ばれる、着物の証明書です。
証紙は基本的に着物であれば購入した際に手渡され、反物を買って着物を仕立てたときであっても反物に付属しているものです。
証紙がついていないという着物は、ほとんど無いといって差し支えありません。
この証紙にはその着物・反物が、どこの地方の何という銘柄なのか、またそれに使われている生地は何なのかということが表記されており、着物の価値を裏づける役割を屋足してくれます。
中古着物を店頭に並べる際は、この証紙が歩かないかで大きく価値が変動することも珍しくありませんので、着物買取りの際はこの証紙がついていることが好ましいとされているのです。伝統工芸の袖をもっており、着物買取りに出そうとする際は、必ず証紙が手元にあるかどうか確認すると良いでしょう。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る