買取出来ない着物とは

kimono_main

買取出来ない着物とは

買取出来ない着物とは

着物は非常に高額な衣装であり、持っている人は一着一着を非常に大切に着ていく傾向にあります。
成人式や結婚式などの、人生の節目節目で持ち主を美しく見せてくれる着物に対して、非常に愛着を持つ方も少なくありません。
そうした方が着物を処分しようとする際に選ぶのが「着物買取り」です。
着物買取りをしてもらうことで、自分の持っていた着物をただ処分するのではなく、次に来てもらえる人に着物が渡っていくようにするのです。
またただ処分するのとは違って着物買取りではある程度のお金を手にすることが出来ますので、そういった理由で着物買取りを選ぶ人も非常に多くいます。
ですが着物は、すべてのものが買取ってもらえるわけではないということには注意が必要です。
現在の日本では洋服文化が非常に定着しており、和服は日常で着られるとは殆どなくなってしまいました。
そのため、買取をしてもらえるのはほとんどが正絹で出来た訪問着のような、晴れの舞台に着られるようなものです。
着物には様々な種類があり、例えばウールで出来た普段着の紬などもありますが、こうしたものは現在の着物市場においてあまり需要がないため、買取をしてもらえないことが殆どです。
状態が良かったり、正絹の訪問着と一緒に査定をしてもらうことで買取をしてもらうことができることはありますが、それでも査定価格で良い値段がつくことはほとんど無いといっていいでしょう。
また、正絹の訪問着であっても、保管の状況によっては買取をしてもらえないことがあります。
基本的に着物買取りで買取られていった着物は殆ど手を加えずに別のお客さんに転売することが目的となりますので、あまりにも着物としての価値が薄れてしまったものには、どうしても価値が付かなくなってしまうのです。
例えばあまりにも大きな破れがあるものや汚れが染み付いているもの、今では殆ど誰も欲しがらなくなってしまったような奇抜な柄をしたものなどは、買取をしてもらえないことがあります。
着物買取りを依頼する際は以上の点に気をつけて、専門業者にしっかりと査定をしてもらうようにすると良いでしょう。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る