伊勢崎絣

kimono_main

伊勢崎絣

布の種類別にみる着物買取:伊勢崎絣

着物買取に対する展開は、近年リサイクル着物への需要は非常に高まっており、色無地や小紋などを踏まえた普段着のみに限らず、訪問着・付下げなども含めた着物や黒留袖、振袖などの準礼装・礼装に至るまでの広範囲に渡る幅広い需要があるのが特徴となっております。
上記で記述している不要な各種着物については、その後に必要としているユーザーへの需要に役立てることを旨としててんかいしておりますので、箪笥の中で眠っているけれども特に思い入れなどに左右されない各種着物などについては着物買取を利用いただくのが相互利益に繋がることになります。
実際に着物買取を依頼する場合には使用されている布生地について正しい知識を把握しておくことによって、着物買取専門店での正確な査定に繋げることができることになります。
着物買取の対象となる伊勢崎絣についてですが、群馬県伊勢崎市を中心として製作されている鮮やかな赤い絣模様が特徴となっております。
もともとは、蚕農家が閑散期に残り物となっていた繭をリサイクルして作り上げたのが起源となっており、自分の家での使用に限られた展開が多かったのですが、明治時代中期から大正時代にかけては急激に昭和初期に人気が高まることになりました。
その為、それまで身内用として少数限定で製作されていたのが売り手市場の巨大なマーケットとなり、活発に生産されていきました。
上記生産はほぼ手作業で行われており、ひとつひとつの風合いが異なって同一の柄が作成されないのも希少度を増す結果として魅力とされ、昭和50年には通産省から伝統的工芸品として指定されております。
伊勢崎絣を着物買取として検討しているのであれば、査定に慣れた買取専門店に依頼することが肝心で、正しく価値を鑑定してもらうことで、より高額での着物買取を期待することができます。
ちなみに状態よく保管されている場合には、着物買取専門店でも芸術品として高額買取される場合が多いのです。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る