南部紬

kimono_main

南部紬

布の種類別にみる着物買取:南部紬

紬とは、真綿から繊維を取りだして、それに縒りをかけて強い糸を作り織り上げたものです。最高級品として名高いのは結城紬、大島紬ですが、米沢紬、郡山紬など、たくさんの種類があり、生産されている地域によって様々な特色があります。南部紬は岩手県岩泉町や花泉町でつくられているもので、美しい縦縞と紫がかった染め色が特徴です。結城や大島ほど高価ではありませんが、ラフな着心地や布自体の素朴な味わいから、高い人気を誇っています。
着物買取の価格は布の種類、つくられた年代、色や柄、シミや傷の有無、保存状態の善し悪しなどで激しく変動します。ですから、買取の相場を一概にこうと決めつけることはできません。近年では作業効率を上げるため、あらかじめ縒られている紡績絹糸が交ぜられたり、伝統的な地機ではなく力織機を使って織られている場合もありますから、着物買取の値段を個人で判断するのはますます難しくなるでしょう。昔ながらの原料だけで、手間と労力のかかる伝統的な織方で織られているからこそそれなりの値段がつくのであって、世に出回っている全ての紬がそうというわけではないのです。
だからこそ、買取を考えている人が一番に気をつけなければならないのは、その着物買取業者が本当に「着物を見る目を持っているかということです。着物の質は、使われている糸や織り方にはっきりと現れます。つまり、見る人が見ればはっきり解るということです。数ある着物買取業者の中には、着物だというだけでどんなものも買い取ってしまう業者もいます。きちんとした知識を持った業者に頼まなければ大きな損をすることにもなりかねません。
確かに南部紬は、紬の中では比較的手の出しやすいものであるかもしれません。しかしその原料はまごう事なきシルクであり、本当に質の良いものをと思えば何十万と費用がかかります。そう何度も手にするものではないからこそ、買取を依頼するときには慎重になることが必要です。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る