厚司織

kimono_main

厚司織

布の種類別にみる着物買取:厚司織

近年、日常的な外出の際に着物を着用する人は少なくなりました。京都など、一部では着物が愛用されているものの、多くの地域では着物を着る機会がほとんどありません。たいていの人は、特別な式典に参加する場合に限って、着物を着用するようにしています。着物は、良質な生地で作られているものが大半ですが、着用しない期間が長くなると、どうしても劣化してしまいます。着用品子とが確実になった着物は、着物買取のサービスを利用するなどして、適切に処分することが望ましいです。ただ廃棄するのではなく、着物買取というサービスを利用するのがポイントです。業者に買い取ってもらえば、それだけ利益を得ることができます。

着物買取を利用する場合、業者を選ぶ際には慎重にならなければなりません。多くの業者があり、全ての業者が有利な金額で買い取ってくれるとは限らないためです。まず、業者の言いなりにならずに済むだけの知識を身につける必要があります。着物には、さまざまな布が使用されていて、布の種類によっても買取金額が変わってきます。布の種類について理解しているだけでも、業者が提示する金額が適切かどうかを見抜くことができます。

たとえば、厚司織という種類の布です。北海道の沙流郡平取町で生産されています。アイヌの織物の1つで、やわらかさと強靱さとを兼ね備えた優れた性質を持っています。織っていく作業は、機械による作業ではなく、全てを手作業で行っているのが特徴です。昔から、厚司織は普段着としても、晴れ着としても使用されていました。現在では、土産物として壁掛けや袋物などを作るためにも用いられています。

着物買取の際に、厚司織は高い評価を得ています。しかし、保管状態が悪ければ、せっかくの厚司織でも金額が下がってしまいます。着物買取を利用する場合には、日頃から丁寧に着物を保管するように心がけておくことが大切です。少しでも着物買取を有利に利用するべきです。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る