村山大島紬

kimono_main

村山大島紬

布の種類別にみる着物買取:村山大島紬

村山大島紬ですが、鹿児島県の奄美大島で織られている特産品であり、昔からさまざまな形で織られているのが特徴となっております。
古い物はかすり模様をかたどったデザインがメインとなっており、その愛着のある模様は戦後の高度経済成長を遂げた時期的な人々の感覚に見事に合致しており、人口染料の普及も手伝ってさまざまな色合いやデザイン・構図と構成のカストマイズなども考慮された上で、合致した当時のニーズにもリアルタイムに対応することによって、高度な色あいの特徴も含めて織られるようになっております。
紬の構成・製作をする上で、中間作業に非常に手間と時間がかかる為に織物としての生産過程においてはかなり希少な着物として展開されておりましたが、半面、繊細なタッチの模様と色あいの使用方法が時代を超えた多くの世代に好まれている秘訣となっています。
上記に対して藍の泥染や科学染料の着物については全体的に人気が落ちてきており、着物買取の業者側でもなかなか高額の取引はなされていない傾向となっております。
なお代表的な村山大島紬の種類としては茶泥大島や藍大島と呼ばれる泥藍大島が有名であり、それ以外としては白大島や染め大島・縞大島などのラインナップがメインとなっております。
なお泥染めの村山大島紬は国から国内における伝統工芸として指定されており、大島紬の人気に伴うかたちで大量の大島風紬が織られることになりましたが、着物によっては日本国内のみならず韓国で織られた着物も存在しております。
なお着物買取で高額査定となるポイントにつきましては、全体的な汚れやサイズによる状態についてと、ラベルの有無と色目をチェックポイントとする着物買取の専門業者が多いのが、この着物の買取を行なう際の大きな傾向であり、特徴となっているのが現状といえます。
なお着物買取自体はユーザーとの納得の基に展開されることになりますので、直ぐにその場で取引しなければならないということはありません。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る