銚子縮

kimono_main

銚子縮

布の種類別にみる着物買取:銚子縮

銚子縮は一般的に茨城県神栖市周辺で製作された木綿の縮のことを指しており、銚子の商人が商品売買の取引をひんぱんに行なうことによって販売されたケースが主流となっていた為に銚子縮と呼ばれるようになった説が最有効の展開とされております。銚子自体は有名な漁港として漁業が盛んな地域として印象付けられておりますが、昔におけるこの地域で漁業に霞む形で盛んだったのは漁師の奥さんが内職として製作していた着物の製作となっていたのです。
銚子縮の最大の特徴として挙げられるのは通常の何倍もの撚りをかけて作成された糸を使用しているところで、その感触や肌触りに関してはとても木綿とは思えない程柔らかく柔軟であり、それ以上にとても丈夫な素材と造りであったことが挙げられております。
上記における優れた特徴によって粋で丈夫な浴衣などに使用されることが多く、その着物名と含めて広く普及されることになったのが主流の動向となっております。
しかしながら、この着物名の情報が全国各地に拡大されていくとともに手間や原価を抑える為に同名の粗悪品をもが流通するようになっており、そのあおりを受けたこの地域の着物産業は衰退していってしまうことになりました。
上記経緯によって姿を消していたのですが、着物買取については買取専門店でないと扱っていない場合が見受けられることになっております。
粗悪品が流通することによって上記専門店以外では着物買取をすることができなくなってしまったことも、上記衰退に拍車をかけることになってしまった理由の一つとして危惧されたことになります。
着物買取店では上記の初期着物として展開したのかの可否も見分けることが難しい為に着物買取業界のネットワークを駆使した場合でも、そうそう頻繁に出回る品ではないということになり、着物買取専門店へ赴くことになったと判断されます。
以上の事象から、プロの鑑定士でないと正しい価値を見出すのが難しい商品となっております。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る