鹿角紫根染

kimono_main

鹿角紫根染

布の種類別にみる着物買取:鹿角紫根染

近年、日常生活の中で着物を着る機会というのは、めっきり減ってしまいました。京都などの一部の地域では、現在でも着物が愛用されていますが、東京などの都会において、着物を見かけることはほとんどありません。しかし、以前は頻繁に着用されていたものですから、自宅に着物が置いてある人は多いものです。スペースを取るため、処分したいと考えている人も結構います。保管状態が良ければ、着物買取のサービスを利用することができます。

着物買取のサービスは、さまざまな業者が行っているものなので、適切な業者を見つけることが大切です。着物買取では、着物の保管状態によって金額が変わってきますが、金額が決まるポイントは他にもあります。それは、着物に使われている布の種類です。布には多くの種類があって、それぞれ価値が違っているのです。着物買取のサービスを利用する場合は、布の種類について知っておかなければなりません。あまり知識の無い状態で着物買取業者との交渉をしようとしても、業者の言いなりになってしまうだけです。

布の種類には、たとえば鹿角紫根染というものがあります。鹿角紫根染は、主に秋田県の鹿角市花輪という地域で生産されている布です。茜や紫根を染料に使用していて、羽二重、紬、あるいは木綿といった布地を無地染または絞染にしたものです。鹿角紫根染の紋様には4種類があります。大升・小升・立湧・花輪紋です。

着尺地、小物類、帯地、袱紗などに活用されている布で、非常に高い人気があります。色合いや紋様が独特の魅力を持っていて、着物を愛する人々に好まれているのです。着物買取のサービスにおいても、高い価格がつけられることがあります。ただし、保管状態によっては金額が下がってしまうため、鹿角紫根染の着物を保管している際は、風通しに気をつけて、生地が傷んでしまうことを布施がなければなりません。

大切な着物ですから、着物買取を利用する際には細心の注意を払うべきです。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る