色留袖

kimono_main

色留袖

着物買取で買取ってもらえる品目:色留袖

着物を着る機会がなかっったり、何着もあったりしてどうしようと思った時に着物買取があります。着物にも色々な種類があって、その中で洋服でいうところのフォーマルドレスに相当する留袖があります。留袖には既婚女性の第一礼装の着物で、染め抜きの五つ紋、白の比翼仕立ての黒留袖と、地色が黒以外の裾模様の着物で、五つ紋付きにすると第一礼装となり、三つ紋や一つ紋にすると準礼装となります。宮中では黒が避けられるので五つ紋付きの色留袖が正装となります。色留袖は黒留袖のように用途が狭くないので着る機会が広くなります。着る機会が増えればそれだけ需要が増えるので着物買取もしてもらいやすくなります。ではどういった時に着るかというと、三つ紋付きは親族の結婚式や叙勲の時で、一つ紋付きは白の重ね衿と白の帯締め帯揚げと白の長襦袢を合わせて結婚式に出席したり、色ものの重ね襟と帯締めを合わせればパーティーや入学式、卒業式など訪問着として着用することができます。
色留袖でおしゃれを楽しむ人も増えてきています。黒留袖は格式のある文様が使われていますが、色留袖は格式よりも、華やかさや優雅さに重点を置いた訪問着のような文様があるからです。着る機会の多い文様であれば、多くの人が欲しがる文様ということもあって着物買取査定もアップする可能性があります。
また、着物買取で買取価格が変わるのが有名な作家のものか伝統工芸品かでも決まります。アンティーク商品ですと、作家の名前が入った折り紙や鑑定書があるかどうかで本物か偽物かを見分ける材料になるのと同じように着物でも同じことが言えます。伝統工芸品などの昔の物は手作業によって作られているため生産量が低く、作業工程が多いものであればそれだけひとつひとつ丁寧に作られていることもあって査定額も高くなる可能性があります。着物買取に持って行く時には、折り紙や鑑定書や帯や小物などがあれば一緒に持って行くとよいでしょう。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る