保管状態

kimono_main

保管状態

高値で着物買取りしてもらうために必要な項目:シミや黄ばみがない保存状態の良い物か

着物を着用した後はきちんと手入れをして保存をすることでシミや黄ばみから守ることができます。
着用したあとすぐに箪笥に閉まってしまうと体温で温まった温度や汗などの湿気で、カビや黄ばみの原因になってしまいます。
そこで 着用後はすぐにきもの用ハンガーにかけて一晩つるしておきます。
一晩が無理でも最低2時間直射日光が当たらず風の当たる部屋にかけておきます。
そのあと乾いたタオルで着物についたほこりをこすらずに取り除き、汚れや黄ばみがないかを確認します。
シミを見つけたら糸などで印をつけて原因がわかればメモをしておきます。
汗が原因なら水で絞ったタオルでふき取った後、風を通しておきます。
頑固なシミの場合は早い目に着物専門店に相談し、対処をします。
半襟の首筋に当たる部分などはぬるま湯に中性洗剤を混ぜたものでたたくように洗います。
しわに関してはアイロンをかけておきます。
そのように大切に手入れされた着物でも、やがて使わなくなって着物買取に出すことがあります。
着物買取りで少しでも高く買い取ってもらうには、着物の生地や柄に左右されますが、それ以外に着物の保存状態も大きく左右されます。
すぐにでも着ることができるきれいな着物は高額着物買取の第一条件です。
だから着物を着ていたころの、着用後の手入れや保存が正しくされ、シミや黄ばみがない状態にしておくことが大切です。
クリーニングに出したことがないものがないということも高額着物買取の条件になります。
そのためには着物の手入れを正しく知って着用をしていたということが大切になってくるのです。
そのほかにもサイズが大きすぎず小さすぎず適当な大きさであることや、仕立てが老舗の呉服屋さんで行われたもの、またデパートなどの展覧会で購入したものは高額な買取価格になるようです。
車にしても着物にしても宝石などにしても保存状態がいいということは高額買取には不可欠です。
特にこのような高価な商品はその商品を愛し、売却のことも考え、大切に扱うことが必要なのです。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る