生地の品質

kimono_main

生地の品質

高値で着物買取りしてもらうために必要な項目:生地が上質かどうか

着物処分の際に着物買取りに出すということは、ただ着物を捨ててしまうのとは異なり、持ち主にお金が渡されます。
着物を処分する理由は人それぞれですが、ただ着物を捨てるよりも、なるべくであれば最後まで有効活用をしたいと考える人は多く、着物買取りは高い人気を持っています。
ですが着物買取りではどのようなものでも買取ってもらえるというわけではなく、いくつかの条件を満たす必要があります。
そのなかでも最も重要な条件となるのが、生地が上質かどうかという点です。
今現在の日本では洋服文化が非常に定着しており、日常的に着物が着られるということは殆どなくなってしまいました。
そのため、現在の中古着物市場においても需要があるのはほとんどが、正絹でできた訪問着に限られています。
着物買取り業者にとっては売れる可能性の低いウールや綿の着物は、なるべくであれば仕入れたくないと考えるのです。
では正絹であればそれでいいのかと言われれば、生地が正絹であっても買取の際にはさらに確認されるポイントがあります。
それが、生地に汚れや痛みはないかという点です。
正絹のような素材は特に繊細であり、多少の湿気や扱いのミスで、大きく痛むこともあります。
特に処分に出そうとする着物のほとんどは着る機会がなかったか、もう着ることが出来なくなってしまったかのどちらかであることが多く、長期にわたってたんすの中にしまわれていた着物などは湿気で品質が劣化してしまっていることも少なくありません。
正絹は大変美しいものですが、一度失われてしまった価値を取り戻すのは容易ではありません。
基本的に買取られていく着物はそのまま店頭に並べられて、中古着物として転売されることになります。
転売するに当たってはなるべく安く仕入れてそのまま売りたいと考えるものですから、生地が劣化してしまっているものはどうしても査定額が下がってしまったり、買取をしてもらえないということになりがちなのです。
ですが着物の価値判断には非常に専門的な知識が必要ですので、もし処分しようと考えている着物が上質なものでなくとも、可能であれば一度、専門の業者に判断してもらうようにすると良いでしょう。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る