整理と収納編

kimono_main

整理と収納編

高額で買い取ってもらうための着物保存法:整理と収納編

着物買取りで高額の買取をしてもらいたいと考えるのであれば、整理と収納には常に気を使わなくてはなりません。
着物買取りで一般的に買取をしてもらえるのは現在、よそ行きや晴れの舞台の格好としてふさわしい正絹の訪問着となっています。
正絹という素材は非常に美しく、価値あるものですが、非常に痛みやすいという性質も併せ持っています。
もし購入時に非常に高価な着物であったとしても、その後の保管状況が好ましくなかったのであれば価値はどうしても下がってしまうものです。
着物は必ず、着用した後はしっかりと手入れをしてから収納するようにするべきだといえます。
しっかりとした畳み方を心がけて着物に皺がよらないようにするのは勿論のことですが、絹の製品は虫害に非常に弱くなっていますので、防虫剤などを一緒にしまっておくことが必要です。
また金糸や銀糸、螺鈿や緊迫などが付いている着物をしまうさいには「たとう紙」を使うことが必須です。
これらの素材は何もせずに置いておくとすぐに劣化をしてしまうので、注意が必要です。
しかしながら、高額での着物買取りをしてもらう際には着物だけが有ればいいというわけでもありません。
着物買取りの際には、「着物の価値を証明できるか」ということが場合によっては非常に重視されます。
着物買取りを行う査定担当者は着物に関するスペシャリストであり、専門的な知識を多く有してはいます。
しかし買取をして店頭に並べる際、その価値を証明できるものがあればより高く販売をすることが出来るようになるために、証明が出来るものを求めるのです。
この証明が出来るものにあたるのが「証紙」です。
証紙は着物や反物の一つ一つに対して発行されている、いわば着物の証明書です。
これにはその着物や反物の銘柄、使われた素材などが書いてあるため、最もその着物の価値を証明するものとなってくれるのです。
普段着用するには必要が無いということで処分されてしまうこともありますが、着物買取りの際には非常に重要になってくることも有りますので、なるべく普段から整理をして保管しておくようにすると良いでしょう。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る