着物保存方法

kimono_main

着物保存方法

高額で買い取ってもらうための着物保存法:着物の手入れ法編

着物買取りで査定を受ける際、高額の査定を受けるのはほとんどが「しっかりと手入れをされた着物」です。
有名作家の作であったり、非常に貴重な着物であったりする場合はその状態が多少悪くとも高額での着物買取りとなる場合がありますが、それは極稀なケースだといえるでしょう。
着物買取りで買取られていった着物は基本的に、そのままで転売されることとなりますから、すぐに店頭に並べられるものほど査定額が上がるのは当然のことだといえます。
ですが着物の手入れは洋服の手入れと比べると難しく、中々手が回らないという人も多くいるのが現実です。
そういった場合であれば、いくつかの点を意識して着物を管理することである程度までは着物の状態を良いものに保つことが出来ます。
まず何よりも大切なことは、着物は非常に湿気に弱いということです。
箪笥の中に長くしまっておいたのであっては、たとえ除湿剤を一緒にいれていても湿気の影響を受けてしまいます。
そのため、着ないときであってもなるべく定期的に箪笥からだし、風に当てて湿気を飛ばしてやることが重要です。
特に湿気によってしみができたり、生地が痛んでしまったものはどうしても着物としての価値が下がってしまいます。
これから着る予定がないという着物であれば、劣化を防ぐためにもなるべく早く着物買取りに出すなどの判断が必要となってくるでしょう。
また着物にしみができてしまった場合などは、自分で対処をしないようにするということも非常に大切です。
着物の生地、特に正絹のものは非常に繊細ですから、自分でやろうとするとかえって汚れを大きくしてしまったり、最悪の場合は生地が敗れてしまうこともあります。
あまりこまめに洗ったりすることも生地をいためる原因になりますから、なるべくであればシーズンの終わりごろに一度だけ洗うような感覚で専門店にクリーニングをお願いするようにすると良いでしょう。
着物は高価な品であることがほとんどであるため、なるべく自分で意識をして手入れをし、価値を保存することが必要です。
着物買取りに出す予定がある品であるならば、なおのこと細かく注意を払ってあげるようにしましょう。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る