帯と長襦袢

kimono_main

帯と長襦袢

高額で買い取ってもらうための着物保存法:帯と長襦袢の手入れ編

現代では、普段着として着物を着用する人はほとんどいません。京都などでは着物で街を歩く人も多いですが、たいていの地域では着物姿の人を見かけることは少ないものです。一般的に、着物は特別な場面でのみ使用されるものになっています。とはいえ、自宅に着物が置いてあるという人は結構います。以前は着用していたためです。着物は、保管しているうちに劣化していくため、そのままでは着られなくなってしまう可能性があります。着用しないことが確実であれば、処分してしまうのが望ましいです。処分する際は、廃棄するのではなく、着物買取のようなサービスを利用することが最適です。着物買取を手がけている業者に買い取ってもらうことで、処分の際の手間を省くことができるのです。

着物買取を行っている業者の数は多いので、適切な業者を見つけることが大切です。業者を見つけたら、着物買取に向けて交渉することになるわけですが、交渉するためには一定の知識が必要です。着物に関する知識を持っていれば、業者と対等の立場で話をすることが可能になります。

着物買取の際に、買取金額を高くするポイントがあります。それは、着物を丁寧に保管しておくということです。着物は、種類によって手入れの仕方が異なる場合があるので、着物の種類について知ることが大切です。着物の手入れは、どれも簡単なものではありませんが、特に帯と長襦袢の手入れは丁寧に行う必要があります。長襦袢というのは、肌に密着することが多いものなので、どうしてもシミ・汚れが付着しやすくなります。まる洗い、汗抜きなどを施す必要があるのですが、着物よりも生地が薄いという難点があります。あまり頻繁に洗ってしまうと、生地がすぐに傷んでしまうのです。生地が傷んでしまうと、着物買取の際の金額は確実に下がってしまうので、気をつけなければなりません。

長襦袢を洗う場合は、シーズンの終わりに洗うということを心がけるべきです。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る