アンティーク

kimono_main

アンティーク

ゆかたとかも買取ってもらえれる?

日本には現在、ジーンズやTシャツといった洋服文化が非常に定着しました。
かつてのように着物を着て街中を歩くという姿は見られなくなり、中古着物市場においても需要のほとんどは正絹の訪問着に集中しているというのが実情です。
ですが正絹の訪問着しか買い取られることはないのかと言われれば決してそういうことは無く、時には正絹の訪問着ではない着物が、着物買取りの業界において非常に高い価値を持つことがあります。
そのなかの一つが「アンティーク着物」とよばれるものです。
これは一般的に、第二次世界大戦以前の着物を指して言われるものです。
古い着物であれば戦前のものなども残っていることがありますが、こうしたものはアンティークではなくビンテージと呼ばれるのが一般的だといえるでしょう。
アンティーク着物には現代の着物にはない独特な風味が有るとして知られています。
特にいわゆる「大正モダン」や「昭和モダン」といった、レトロでありながらもどこか親しみやすい印象を持たせてくれるような柄行きの着物はこういった着物特有のものであり、伝統工芸で作られた着物には出せない持ち味があります。
こうした着物は昨今のレトロブームも相まって、状態さえ良ければ着物買取りにおいて高価な査定がつくことがあります。
第二次世界大戦以前に作られた着物の多くは、第二次世界大戦の中で失われたり、損傷したりといったことが多く、着物としての価値を十分に保ったようなものは非常に貴重になっています。
全ての着物買取り業者が買取を行っているわけではありませんが、もし自宅に状態が良く、今後着る予定の無いアンティーク着物があれば、一度専門の業者に査定を受けてみると良いでしょう。
一見して価値のなさそうな着物であっても、時として非常に高額な査定がつくことがあります。
まして専門の知識が無くては適正な価値判断が出来ないのが着物ですから、なるべく自分で価値のあるなしを判断するのではなく、着物買取りの専門家に判断をしてもらうようにすると良いでしょう。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る