証明書

kimono_main

証明書

着物買取り時あったら良い物について:着物や帯の証明書

着物買取りで着物や帯を査定してもらう際は、売ろうとしているものの価値を客観的に証明できるものを提示することで査定額を引き上げることが可能です。
これはどのような着物であっても同じことですが、この証明が出来るかどうかというだけで、時として着物買取りでの査定額は大きく変動してしまうこともある、大変重要なものです。
これから売ろうとするもの、また買おうとしているものの証明をする際には、どのようなものであっても客観性が保たれた証明書が必要となります。
着物において証明書に当たるものが、証紙と呼ばれるものです。
証紙は着物や反物の一つ一つに対して発行されているもので、着物であれば着物を購入した際に手渡され、反物であれば反物の端切れとして渡されているものとなります。
通常、着物を着用していく上では特に必要となることは無いために処分してしまう人も中にはいますが、これは着物の価値を証明するのに最も適したものとなりますので、なるべくであれば大切に保管しておくことが求められるといえるでしょう。
売ろうとしている着物や帯が大変貴重なものであって効果なさ定額が提示されていたとしても、証紙が無い状態とある状態を比較すると、後者のほうが圧倒的に高く買ってもらえる可能性が高くなります。
証紙の上では、その着物や反物がどこの地方で作られたのか、またその銘柄、生地の素材は何かといったことが証明されています。
着物買取りで査定を行う担当者は着物買取りに必要となる知識を身につけてから査定を行うわけですから、殆どの場合、着物に対して適正な価値を出してくれます。
ですがその着物があまりにも貴重なものであったり、また有名な銘柄であっても一風変わった作風のものであったりといった場合には、極稀に査定を誤ってしまうということもあるのです。
しっかりと着物の価値を判断してもらうことはお互いにとって利益を生み出すこととなりますので、保管してあるのであれば必ず、着物買取りで査定をしてもらう際に提示するように心がけると良いでしょう。

着物買取ナビフッター画像

トップページへ戻る